HOMEの中の言語聴覚学科の中の言語聴覚士の魅力

言語聴覚士の魅力

心で、笑顔で、絆をつくる 調理師の魅力

言語聴覚士(ST)の魅力

私達は“ことば”によってお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有して生活をしています。ことばによるコミュニケーションには言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、病気や交通事故、発達上の問題などでこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションに問題がある方や摂食・嚥下機能に何らかの障害がある方に対して、専門的サービスを提供し、自分らしい生活を構築できるよう支援する専門職です。
言語聴覚士は、このような問題の本質や発現メカニズムを明らかにし、対処法を見出すために検査・評価を実施し、必要に応じて訓練、指導、助言、その他の援助を行います。

“ことば”によるコミュニケーションの問題

ことばや聞こえなどの問題

ことば
  • 言いたいことばが出てこない
  • 聞いたり読んだりしたことの意味がわからない
  • ことばの発達が遅れている  など
聞こえ
  • 声やことばが聞こえない、聞こえにくい
声や発音
  • 発音の問題
  • 声が出にくい、かすれる
  • なめらかに話せない  など
食べる
  • 食物をうまく飲み込めない、むせる  など

言語療法の対象になるのは?

  • 失語症、高次脳機能障害、認知症などの成人のコミュニケーション障害
  • 聴覚障害(老人性難聴、中途失聴、幼児の難聴)
  • 構音障害(発声・発音の障害)
  • 脳性麻痺や口蓋裂に伴う発話の障害
  • 言語発達の遅れや学習障害
  • 自閉症、吃音
  • 摂食・嚥下障害
  • 失語症:脳の障害によって、話す、聞く、読む、書く、計算するなどが難しくなる障害です。
  • 構音障害:発音が歪む、はっきりしないなど、ことばが不明瞭になる障害です。
  • 音声障害:声が小さくなる、ガラガラ声、かすれ声といった声の障害です。
  • 言語発達遅滞:同じ年齢の子供に比べて、ことばの発達が遅れている状態をいいます。
  • 聴覚障害:聞こえの障害によって、ことばの発達が遅れている状態をいいます。
  • 摂食・嚥下障害:食べ物がうまく飲み込めなくなったり、むせやすくなる障害です。

STが働く場所

  • 医療機関:病院のリハビリテーション科、脳外科、耳鼻科、形成外科、小児科など
  • 保健機関:老人保健施設、保健所、保健センターなど
  • 福祉機関:身体障害者福祉センター、療育センター、ことばの相談室など
  • 教育機関:学校の聞こえの教室、ことばの教室など

どんな仕事?

言語聴覚士は、病院、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設などで活躍します。交通事故や病気、発達上の問題で声、言葉、聞こえといったコミュニケーションに関する機能、さらに摂食嚥下(飲食)機能に障害を持つ方に対して検査や訓練、カウンセリングを通して、その機能の改善や回復をサポートする大切な仕事です。

言語聴覚士のしごと

言語聴覚士は、病院、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設などで活躍します。交通事故や病気、発達上の問題で声、言葉、聞こえといったコミュニケーションに関する機能、さらに摂食嚥下(飲食)機能に障害を持つ方に対して検査や訓練、カウンセリングを通して、その機能の改善や回復をサポートする大切な仕事です。

失語症の方への呼称訓練

失語症の方への呼称訓練

言いたいことが出てこない、滑らかに話せない方への援助

嚥下障害の方への摂食訓練

嚥下障害の方への摂食訓練

食べ物をうまく飲み込めない、むせる方への援助

聴力検査と補聴器の調整

聴力検査と補聴器の調整

声やことばが聞こえない、聞こえにくい方への援助

発達障害児へのコミュニケーション療育

発達障害児へのコミュニケーション療育

ことばの発達が遅れている子どもへの援助

資料請求